KH-コラムジョイント工法パンフレット

梁段差をスマートに納める駒井ハルテックのノンダイアフラム接合金物を用いた
KH-コラムジョイント工法  (財)ベターリビング:CBL SS003-15号

工法概要

KH-コラムジョイント工法は、冷間成形角形鋼管を柱にH形断面部材を梁に用いたコラム&H構造骨組の接合部にKH-コラムジョイントを用いるノンダイアフラム形式の柱梁接合工法です。本工法の適用に際しては、弊社の「KH-コラムジョイント工法の設計・施工指針」(以下、「KHC設計・施工指針」と称す)に基づき行ってください。本工法並びに指針は、平成28年11月に 一般財団法人 ベターリビングの評定を取得しております。

〈図1〉に本工法の基本形を、〈表1〉にKH-コラムジョイントの形状・寸法を示します。KH-コラムジョイントの最大長さは2,000mmで、その両端に必要最小余長を除いた長さ方向部分に梁を自由に取付けることができます。

〈図1〉KH-コラムジョイント工法

〈表1〉製品の種類とその形状・寸法
呼 称 断面寸法
BxBxT(mm)
必要余長
Ls  (mm)
KHC300 306x306x35 100
KHC350 356x356x40
KHC400 406x406x45 150
KHC450 456x456x50
KHC500 506x506x55 200
KHC550 556x556x60
KHC600 606x606x65
KH-コラムジョイント工法のメリット
  • 設計においては梁の段差を他の梁フランジ位置に関係なく自由に設定できます。
  • 鉄骨製作工場での溶接量・溶接工数の大幅な省力化が図れます。
  • 柱の超音波探傷検査箇所が大幅に少なくなります。
  • 鉄骨の寸法精度が容易に確保できます。
  • 300~600mm角までのコラムにも対応いたします。
  • 400 N/㎟級および490N/㎟級のロールH形鋼およびビルドアップH形鋼の梁にも適用可能です。
工法の適用範囲
  • (1) 構造:コラム&Hの鉄骨構造又はCFT構造骨組あるいは混合構造物の鉄骨構造又はCFT構造骨組。耐震用鉛直ブレースの取付く柱にはKH-コラムジョイントを適用しない。

  • (2) 柱及び梁

     
    材質 BCR295,TSC295 SS400 H900x400以下
    且つ
    梁せい≦柱幅の2倍
    BCP235,325,325T SM490A,B,C
    STKR400,490 SN400B,C,490B,C
設計方法
(1) 手順及び設計方針
骨組の断面算定 コラム&H構造骨組の設計は(財)日本建築センター「冷間成形角形鋼管設計・施工マニュアル」による。その場合、耐震設計では、柱および梁の接合部の構造方法は「内ダイアフラム形式以外の形式」として扱う。従い、骨組の設計は、通常の通しダイアフラム設計と同じように行えばよい。
ただし、KH-コラムジョイントを用いる接合部では、接合パネルの降伏耐力は常に梁の降伏耐力を上回りパネル崩壊にはならないので、耐震設計をルート3で行う場合、その保有水平耐力の検討では柱梁の耐力比からそのどちらかにヒンジが形成されるものとして崩壊形を算定する。

↓

KHCの適用 接合部の降伏耐力及び保有耐力接合の確認を行い、両者を満足する部位にKH-コラムジョイントの適用が可能。
この計算式はやや煩雑なので、JIS-H形鋼断面と代表的な溶接組立てH形断面(外法H形鋼断面)について予め計算して、「KHC設計・施工指針」の付録2)および標準図の表にその適用可否を示してありますのでご参照ください。

↓

確認申請 確認申請では、(財)ベターリビングの評定書(CL SS003-15号)、「KH-コラムジョイント工法 標準図」をお示し下さい。これらの資料は、末尾の関連資料をクリック頂くと入手することができます。また、「KH-コラムジョイント工法の設計・施工指針」がご入用の場合は末尾の問合わせ先からご請求下さい。
④の付表で適用可否が確認できない接合部については、弊社から「当該接合部の降伏耐力及び保有耐力接合の確認証明書」を発行いたしますので、⑤に添えお示し下さい。
(2) 最上部及び最下部にKH-コラムジョイントを適用した際の接合部の処理方法

以下の方法が用意されており、その設計方法は「KHC設計施工指針」に示されています。

通しダイアフラム形式 内ダイアフラム形式 トッププレート形式

その他の適用例

KH-コラムジョイント工法の適用例
関連技術資料

> 評定書
>「KH-コラムジョイント工法の設計・施工指針」の付録2(取付可能な梁)
> KH-コラムジョイント工法 標準図

> お問合わせ、「KH-コラムジョイント工法の設計施工指針」の資料請求はこちら

お電話での問い合わせ先:TEL 03-3836-0478(鉄構営業部/田村)

ページトップ