日本型仕様風車KWT300

山間部で、離島で、厳しい気象条件に対応し、すぐれた輸送・施工性を発揮する日本の風車-それが駒井ハルテックのKWT300です。

KWT300の性能

KWT300は、乱れの強い風況や狭い道路、それに電力事情を最大限に考慮した日本型仕様の風車です。

耐風性・・・日本の風の特性を考慮し、高い疲労強度と耐風強度を保持

設計においては世界的な設計基準であるIEC(国際電気標準会議)の条件を満たしています。
日本特有の風に対応するため、その特性を考慮してWTGSクラスの条件を設定しています。
高い疲労強度特性と風速70m/sにも耐える強度を持っています。

WTGSクラスの基礎パラメータ
風車クラス KWT300(ⅡA+
参照瞬間最大風速 V (m/s) 70 59.5 52.5 70
参照風速 Vref (m/s) 50 42.5 37.5 42.5
年平均風速 Vave (m/s) 10 8.5 7.5 8.5
乱れ特性 A Iref 0.16 0.18
B Iref 0.14
C Iref 0.12

風の条件を決めるパラメータは、国内の地理的(起伏の多い地形)、気象的(台風)条件を考慮して、年平均風速をクラスⅡとし、基準風速と乱れ特性を大きく設定しています。
WTGS(Wind Turbine Generator System)

耐雷性・・・国内規定はもちろん、国際的な規定にも準拠した万全の雷対策

国内の一般的な規定JISA4201と国際的な風力発電設備の規定IEC61400-24に準拠。
落雷に対して十分に安全な設計を行っています。

雷パラメータの最大値(IEC61400-24)
保護
レベル
ピーク電流
(kA)
保護
効率
比エネルギー
(kJ/Ω)
平均電流上昇率
(kA/μs)
全電荷
(C)
回転球体法
(m)
20098%10,00020030020
15095%5,60015022530
10090%2,50010015045
80%60

雷対策の設計レベルとしては、IECでは最高の保護レベルⅠを設定しています。
保護レベルが高いほど保護効率が高い。

耐震性・・・地域特性と地盤条件に応じて、2段階の地震動レベルが選択可能

国内の建築、土木の基準に準拠した耐震設計を行っています。
建設場所の地域特性と地盤条件に応じて、設計条件として、発生確率が比較的高いレベル1地震動と、さらに強度が高いレベル2地震動の2段階のレベルを選択できます。

設計地震動の標準応答加速度(So)の比較 (タワーの固有周期T=1.12sec)
  土木構造物(道路橋耐震設計編) 建築構造物(建築基準法)
  レベル1 レベル2 許容応力度計算 保有水平耐力
タイプⅠ タイプⅡ
Ⅰ種地盤 220/T=196gal 700gal 1.104/T(5/3)
=914gal
標準せん
断力係数0.2以上
(200gal相当)
1.0以上
(1000gal相当)
31mを超える
特定建築物
(82条の4)
Ⅱ種地盤 250gal 850gal 1750gal
Ⅲ種地盤 300gal 1000gal 1500gal 0.3以上
(300gal相当)
発生断面力の
強風時との比較
発生断面力は
強風時が大
発生断面力は
地震時が大
発生断面力は
強風時が大
発生断面力は
地震時が大

風力発電設備は、現行基準では工作物として建築基準法に準じたレベル1相当の設計となりますが、KWT300では橋梁等の土木分野の規定に基づく、重要構造物を対象としたレベル2地震動の設定が可能です。

輸送・施工性・・・大型トレーラーや重機は不要、道路の拡幅工事の省力化を実現

山間部での建設を想定して、風車の各パーツは大型トレーラーを使用せずに、通常の10tトラックまたは低床の15tトラックを使用して輸送が可能です。
従来、ナセル設置に必要だった大型クレーンを使用しない建設工法の開発により、コスト削減に貢献します。

輸送条件
 数量重量寸法(長さ)
ブレード3約1t約16m
タワー510t以下10.8m以下
ナセル115t以下7.5m以下

ナセル架設の施工ステップ概要(特許出願済み)

KWT300の仕様

KWT300の仕様

KWT300の仕様

KWT300の仕様

KWT300建設の様子(ビデオ)

実際に風車を建設する様子をご覧いただけます。

※動画をご覧いただくには最新バージョンのFlashPlayerが必要です。

> 風力発電に関するお問合わせはこちら

ページトップ