スカイソーラーのメリット

大部分が山地である日本は平地部分が小さく、用途制限のない地域は極わずかです。そのために、多くの平面を要するメガソーラー事業に適する土地を確保しずらいのが現状です。

中村勉総合計画事務所と駒井ハルテックは、現状の地形や土地利用を維持しながら、上空を活用するソーラー事業を提案します。

ハイポール式スカイソーラー

等間隔に設置したハイポールに梁を通し、ソーラーパネルを配置します。

◆最大9×9mの間隔ハイポールを設置し、梁を通します。
◆PCケーブルを組合せた張玄梁を使用することで、10~20m間隔でのハイポールを設置が可能です。
◆土地利用に応じた柱高で設計・施工します(標準3~7m)。
◆ソーラーパネルは、設置場所に応じた最適な角度で設置できます。

建築事業での実績をいかし、建築基準法に基づいた安全設計のハイポール式を実現します。

ケーブル式スカイソーラー (現在実証試験中)

ハイポールに張ったケーブルに、ソーラーパネルを配置した吊構造です。

◆中間の支柱をなくし柱間を広くとるため、設置下部の地形や土地利用に左右されにくい構造です。
◆水路や池、河川や渓谷などにも設置できます。
◆支柱の本数が少ないためコストダウンにもつながります。

大規模構造物の設計ノウハウをいかしたケーブル式は、多様な地形や土地利用でのソーラー設置を実現します。

ページトップ